メタルの棚

ダラダラと、グダグダに、自身の音楽生活について綴っております。 コメント、TBお気軽にどぞ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味

趣味っていうのは本来、味わうレベルまでいったものの事なんだと思います。
ですから、辞書でその意味を調べましても物の持つ味わいといった意味も出てきます。

ですから、そういった意味での趣味を持っている人は限りなく少ないのではないでしょうか。
私の趣味の一つで、酒があります。
これは私がハッキリと、趣味だと断言出来るものの一つなのですが、この酒一つ取ってもやはり分かります。
体質等あるので一概には言えないところもありますが、大抵の人が一口飲んで判断する。
ああ、これ無理なんていって。
味わうレベルには程遠いものです。

この様な話もあります。

以前、地元のBarに行った時にマスターが言った事です。
経緯も説明しながら、マスターの言った事をかいつまんで書いていこうと思います。

一緒に行った友人が大衆居酒屋みたいなとこにしか置いていない様な、所謂若者向けの味付けが好みだったのです。(酒も然り)
で、それに興味を持ったマスターが金要らないからと、
これ飲んでみて、で今度こっちね、どっちが甘い?などと、実験をし出した訳です。
で、最終的にマスターの出した答えは、味を知らないんだ、と。

また、一緒に行ったその友人、大の煙草嫌いでした。
その日、私は車でしたからアルコールは飲めず、酒も我慢していたので、煙草ちょっといいかな、と吸いますと友人は嫌な顔に。
マスターはそれを分かってか吸いたいだけ吸うといいよ、と。
友人は何故煙草が嫌いか、その健康への害悪について、また臭いについて述べました。
マスターは、じゃあ吸っている人は皆ガンで死ぬのかい?そもそも煙草をブレンドする人は毎日の様に仕事で吸っていて、そういう人が皆そうやって早死にするかといったらそうじゃない。
何事も自分で経験しないと。そうでないと感性はどんどん落ちていくよ、と。
そもそも食べ物も酒も煙草も、ニオイ=香水だって嗜好品。それぞれ好みがあるのは当然。
でもそれらを選ぶ時、知っててそれを選ぶのと知らないでそれを選ぶしかないのは大きな違い。
つまり知る=味わうとこまでいってないんだよ、と。

以上がマスターの言葉なのですが、まさに、これです。
味わうところまでいってないわけですね。
その味わうというレベルまでいって、それでも面白くなければそれはそこで初めて俺には合わないって言えばいい。
味わいもしないでそれに自分の判断を下す。
ハッキリ言って失礼です。

ですから、趣味。
まずは味わうまでやってみて、それが自分の趣味たり得るのか、判断して頂きたいな、と思います。
そうこうしているうちに、きっとその判断が自分の中で決まってくるはずです。
そうしたらそれをベースに自分はこれに興味がありそうだな、なんて自分自身が分かってくると思います。

とにかくまずは味わう。そこまで何でもやって欲しいな、と最近思う次第です。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://metalfreak.blog33.fc2.com/tb.php/134-86582ef7

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。